【Before COVID-19】アメリカへ海外出張

10月ですが、まだまだ半袖を着てしまう暖かさです...。

さて今回は、前回のBlogでちらっと触れた社員の海外出張についてです。「新型コロナウィルス」という言葉がなかった頃の.....お話です。

実は、両備ホールディングスでは社員が海外視察をする事があります(した)。隣棟の部署に視察へ行った社員がいたのでその時の画像をいただきました。

両備グループでは1年間という任期で社員が業種・職種を超え、各カンパニーを代表して数名が集まり海外視察へ行くという出張で、その一人として2016年に彼がアメリカへ行きました。多くのIT企業が集まっているサンノゼをはじめ、世界の最先端といわれる東海岸のニューヨーク・西海岸のサンフランシスコ・ロサンゼルスへ視察です。

Hey, Google! 企業訪問です in San Jose

彼は重機を取り扱う部署にいるので、工事中の重機や車両をパシャパシャ!

Crane in NewYork

大きい!スケールが大きすぎます

↓どこまで上にあがる~ in San Francisco

そして、 ヤンキースタジアム in NewYork

もちろん視察です!メジャーリーグ屈指の名門球団ヤンキースの本拠地で、事業戦略・宣伝戦略を間近で考察します。この時、大谷さんはまだ日本に。ちょっと一息。。

はい、これも視察の一つです!

このような感じで東海岸から西海岸へ渡り、海外視察で実際に経験し、インプットされたグローバルな視野をもち、帰国後には岡山から最先端の事業を提案していきます。両備テクノモビリティーの社員が海外出張をするイメージがあまりないかもしれませんが、グローバル規模のものづくりに取り組み、様々なことにチャレンジしています!