先輩社員インタビュー

Voice

「整備は人の命を守る仕事」という
責任を感じて取り組みたい。

大型整備 筒井雄大さん

Tsutsui Yuudai

2015年入社 岡山自動車大学校

 

  • 将来の夢

    この先できれば普通乗用車や大型のエンジンや電気関係などひと通りやってみたいですね。専門学校時代には二級整備士資格を取得しました。自動車検査員資格ほかいろいろな資格を取得して、仕事の幅を広げながらみんなから頼りにされる人になりたいです。

    入社を決めた経緯

    もともと車が好きで、自動車の整備に携わりたくて岡山科学技術専門学校から自動車大学校に進みました。当社を希望したのは、小型だけでなく大型自動車の整備をやってみたかったからです。入社後はバスやトラックの車検整備や修理などを担当しています。

  • 入社してからうれしかったことは?

    自分は基本ずっと手を動かしてひたすら作業に取り組んでいるほうで、その姿を見て上司や先輩方に褒めてもらうことはよくあります。自分の努力を見てくださって評価してもらえるとやはり嬉しいですね。

    仕事で大変なことはなんですか?

    おもに車検を担当していますが、たとえばバスなどは大勢の人の命を預かっているという重大さや責任をひしひしと感じています。大型車両は部品も大きくて重いので分解するのも大変です。また一つ間違えば大怪我にも繋がるので気を抜かないように心がけています。

    仕事のやりがいを感じるときは?

    レッカーなどで運ばれてくるような故障車や事故車を自分が直し、その車が自走して帰る姿を見ると誇らしい気持ちになります。うまく直らなくて焦る時もありますが、大きな機械を何度も挑戦しながら直した時「がんばってよかった!」と満足できます。

 

一覧へ戻る