先輩社員インタビュー

Voice

伝えられてきた確かな技術を磨き、
また伝えていきたい。

車体整備 多児良祐さん

Tani Ryousuke

2017年入社 岡山科学技術専門学校卒

 

  • 将来の夢

    かなり古い車を直すこともありますが経験が豊富な年長の先輩に先何でも教わりながらやり方を受け継いでいます。自分もしっかり技術を身に付けてどんな車でも直せるように、そして後輩に教えられるぐらいになりたいですね。

    入社を決めた経緯

    私は専門学校時代から自動車整備がしたくて2級整備士資格も在学中に取得していました。前の職場に3年半在職中は整備をしていましたが、鈑金などもしたくなり上司に相談しました。当社では車に触れることができるのが決め手になりました。

  • 入社してからうれしかったことは?

    職場の先輩も同僚もとても親切に教えてくれてとてもいい雰囲気です。自動車好きが集まっているので休憩時間には年齢や部署に関わらず車の話に花が咲くのもほっとします。仕事面では、自分としても納得できるような仕事ができた時は達成感がありますね。

    仕事で大変なことはなんですか?

    小型の整備から大型の鈑金までいろいろな道具を使えるのが、自分としては面白いです。火を使ったり、かなり重量のある部品を抱えたりするので注意が必要ですが、先輩や上司がコツを何でも親切に教えてくださるのがありがたいです。

    仕事のやりがいを感じるときは?

    いろいろなメーカーの車種を整備できるのでとても勉強になります。鉄板を叩いて部品から作ったり車体の改造や復元をしたりと、施工法について悩むことや考えたりすることも多いですが、自分が思ったようにうまく直ったときにはとても達成感を感じます。

 

一覧へ戻る